お問合せの前に

アニマルコミュニケーションは当たり外れを競うものではありません。

 また、飼い主さまからの信頼が無ければ、コミュニケーターも良いセッションはできません。『コミュニケーターの力量を試してみよう』『何となくおもしろそう』『目的は無いけれど、何となく話を聞いてみたい』など、興味本位や否定的な気持ちで受けてみようという方は、申し訳ありませんがお断りさせていただきます。

 

依頼主さまの意識がセッションの大きく影響します

依頼主さまの肯定的な感情は、良いセッションの後押しになります。ぜひ、私とご一緒に、良いセッション結果 を導いてまいりましょう。

 

捜索はお断りいたしております

行方不明の動物さんの捜索及び生死に関するご依頼はお受けいたしかねます。

 

アニマルコミュニケーションやレイキは医療行為ではありません

アニマルコミュニケーションやレイキは医療行為に代わるものではありません。動物さんや依頼主さまの様子がおかしいと思われたら、獣医師や医師の診断をお受けください。