死期が近い動物さんにしてあげられるレイキヒーリング

 現在、病気の動物にも、死期が近い動物さんや、安楽死せざるを得ない動物さんに対しても、最後にしてあげられるレイキヒーリングがあります。
 余命いくばくも無い動物さんに対しては、自然な形で旅立たせてあげたり、動物さんが自分のタイミングで旅立っていけるように導くことができるのです。

 死に対して不安や恐怖を抱いている動物さんにレイキヒーリングをすることによって、恐怖心を緩和するお手伝いができます。 

 我が家の愛猫も肺ガンで亡くなりましたが、レイキヒーリングでおくりました。

 

 レイキは、死に行く動物さんを介護しているご家族や、見守っている仲間の動物さんにも有効です。愛する動物さんと別れるという事実を受け入れることができない方への癒しにもなります。

 

 飼い主さまが動物さんの死を受け入れるということは、死に行く動物さんの魂の新たな旅立ちを助けることにもなります。そして動物さんも不安なく、心配なく、未練なく、穏やかな気持ちで旅立っていけます。そうすることで、動物さんへの最後の恩返しができると思います。

 

 

 

亡くなった子の未来へ向けてのレイキヒーリング

 亡くなったばかりの動物さんへのレイキヒーリングもできます。

 亡くなった子のために、とてもあたたかな光のトンネルをつくり、魂を故郷(天界)にあがなうためのレイキを行うことができます。

 飼い主さまも、亡くなった子もとても安心できるように導くレイキです。

 

 また、既に亡くなって日にちが経った子に対しては、次に迎える明るい来世に向けてのレイキを行うことができます。